TOKYO X総会

TOKYO X総会

TOKYO X アソシエイションの総会と交流会に行ってきました。
交流会では試食にTOKYO Xの他にハンガリーの国宝と言われているマンガリッツア豚、世界に7000頭しかいないフランス バスク地方のキントア豚の試食がありました。
どれも味わい深く美味しかったです。
脂肪の融点が低いので、とろける美味しさです。

会長TOKYO X総会

植村会長挨拶

 

 

 

 

表彰式表彰式

TOKYO Xは宮城県内でも生産されています。 東日本大震災以降も被害を受けながらも生産に励んでこられ、 生産頭数も減らすことなく頑張ってこられた生産者さんを表彰。
座談会2座談会

総会と交流会の間にあった座談会。

 

 

 

交流会交流会

TOKYO Xとフランスバスク地方のキントア豚の食べ比べ。 香りや味の違いが食べ比べることにより感じられます。 キントア豚の脂肪の融点はかなり低いようで、 強いライトではないのに、脂肪が解け始めています。 キントア豚は体の模様は生産者ごとに違いがあるそうで、 生産者さんは自分のところの豚は同じ模様の物を育てることにも拘っているそうです。 これってすごいよね~ ハンガリーの国宝マンガリッツアの加工品も美味しい。

飼料1

飼料2こだわりの飼料

繊維質の多い飼料を与えることにより、排泄が良くなり、肉や脂肪の臭みがなくなり美味しくなるそうです。

こだわりの飼料2 飼料米は自給率向上のためでなく、美味しさに拘った結果です。 飼料米を与えることにより、オレイン酸が増え、脂肪の融点が低くなり旨味も増します。