おしゃべりカフェ

おしゃべりカフェ「今、安心して食べられますか?」開催 その1

今日はさいたま市市民活動サポートセンターでおしゃべりカフェを開催しました。日時:2011年5月31日(火)13:30~15:30
場所:さいたま市市民活動サポートセンター・多目的展示コーナー
コメンテーター:
埼玉県・農林部農産物安全課 副課長・根岸さん(野菜について)
埼玉県・農林部畜産安全課 副課長・岩田さん(牛乳について)
埼玉県・企業局水道管理課 副課長・松本さん、技師・川崎さん(水について)多目的展示コーナーに集ったのは25名。今回はざっくりとイベントの流れをご紹介します。内容についてはその2で詳しくレポートします。なにしろ、場所はオープンスペースで、他の会議の会話や、小さいお子さんの声や疾走する姿が耳や目に入る中での、気軽なカフェ形式の学習会。コメンテーターのみなさんも始めはびっくり!でも、すぐに雰囲気に慣れてくださいました。
おしゃべりカフェ1まず、コメンテーターのみなさんから、埼玉県の農産物や水の放射性物質の状況について解説をいただきました。
おしゃべりカフェ2カフェということで、ちゃんとお茶やお菓子などを用意してお待ちしていました。サポートセンターにはバリアフリー・パントリーがあり、やかんやポットを借りてセルフサービスでお茶を入れていただけるよう準備しました。
おしゃべりカフェ3ひととおり解説を受けた後、参加したみなさんから質問や意見を紙に書いていただいて、ホワイトボードに貼っていきました。
おしゃべりカフェ4

いちばん紙が多かったのは、時節柄もあり、水道についてでした。イケメン(関係ないですが、念のため)のおふたりがとてもわかりやすい言葉で説明してくださいました。
おしゃべりカフェ5

次に農産物安全課の根岸さんから、野菜や土壌のことなどを(立場上、話せる範囲で)説明していただきました。名物先生風のひょうひょうとした話し方に、みんなでなごみながら聞き入りました。
おしゃべりカフェ6

最後は畜産安全課の岩田さんが、牛の食べる牧草などについて、きっちり質問に答えてくださいました。
おしゃべりカフェ7

こぢんまりしたイベントでしたが、参加者の方からはとても満足したとのご感想をいただきました。ふとした疑問に対し行政の方が気軽に答えてくださる機会ができ、信頼感が安心に繋がると実感した2時間でした。